綺麗な歯並びにあこがれている人必見!歯列矯正に関する基本情報をご紹介します!

当サイトではきれいな歯並びにあこがれている人に最適な、基本情報を紹介しています。
子供が治療をしたほうがいい方法をはじめとして、大人に最適な歯列矯正の方法についてや、基本的にどんな部分に注意して医療機関を選択したらいいのかなどを確認できるのがポイントです。
歯の状態や希望している方法ごとに料金や治療期間が異なるなど、基本的な部分を理解しているとストレスフリーで治療をすることができるため、とても快適といえます。

綺麗な歯並びにあこがれている人必見!歯列矯正に関する基本情報をご紹介します!

歯列矯正を行う場合、基本情報となるのは患者の歯並びがどうなっているかです。
多くの場合、出っ歯と呼ばれている歯並びの状態で受診することが多いですが、受け口と呼ばれる下あごが前に突き出してることや、乱杭歯と呼ばれる歯並びがでこぼこしているタイプ、すきっぱと呼ばれる歯と歯の間の隙間が広いなど多岐にわたっています。
状態に合わせておすすめできる歯列矯正方法は異なるため、医療機関で最適な方法を確認してから治療をすることが重要です。

歯列矯正には見た目以外にも健康にまつわるメリットが一杯!

歯列矯正を行うメリットは、口元の見た目が良くなること以外にも多くあります。
まず、歯列矯正をすることで歯並びを整えることができますが、それによって歯の嚙み合わせが良くなって食べ物を以前よりもよく噛めるようになったり唾液の分泌が活発になるため、胃腸での消化吸収がしやすくなって全身の健康状態が改善することが期待できます。
また、歯並びが悪い人は、歯が重なって生えていたりするせいで歯磨きが十分にできないことが多いですが、歯列矯正をした後は歯をしっかり磨けるようになるので、虫歯や歯周病になるリスクを減らせるのも魅力です。
その他にも、歯の矯正を行って嚙み合わせを改善することにより、顎関節への負担が減ることも期待できます。
顎の関節に負担がかかっていると顎関節症になることもありますし、体の他の部分にも負担がかかり頭痛や肩こりなどの症状が出る場合もあります。
歯列矯正により歯並びや噛み合わせの悪さを治すと体のバランスが整って頭痛などの改善が見られることもあるといった健康に関係したメリットが得られるため、歯並びの悪さを自覚している人は治療を考えるのが良いでしょう。

歯列矯正は装置の見た目の悪さや発音障害がみられるのがデメリット

歯列矯正の中で最も一般的なのが表側矯正です。
表側矯正は矯正治療の中でも、費用が安く抑えられるというメリットがありますがいくつかデメリットもあります。
まず一つ目が、見た目の悪さです。
表側矯正はその名の通り、歯の表側に矯正器具を装着するため、食事をしたり会話をしたりするときに、器具が相手に見えます。
その結果、どうしても相手に与える印象は悪くなってしまいます。
二つ目が口の中に器具を装着することによる違和感です。
歯列矯正は器具を装着するためにどうしても違和感が生じますが、この違和感は、発音にも影響を与えることがあります。
特に矯正器具を装着しはじめの時は、常に口の中に異物があるように感じ、装着前のように活舌良くしゃべることが出来ない状態になる方もいます。
ひどい場合だと、相手に常に飴をなめながら話をしているような印象を与えてしまうこともあります。
従って、矯正治療をしている場合は、相手にあらかじめ矯正治療をしていることの説明をした方が良いでしょう。

大人になってからでも遅くない!社会人でもできる歯列矯正の実態

歯列矯正は、成長期を迎える前に行うことが一般的です。
子どもに対してあらかじめ矯正の治療を行っておけば、将来的な顔周りの環境も良くなっていくからです。
しかし、大人になってからでも歯列矯正を行うことは可能です。
本人の口腔環境を把握することによって、より良い形で治療を進めていくことができます。
実際に、そのための治療方法もいくつも提供されていますので、負担のないように進めていくことが可能です。
特に、社会人にとっては目立たない形で治療をしたいと考えている人も少なくありません。
この場合に準備されているのが、透明なマウスピースを用いた治療法です。
マウスピースを装着していても透明な分、周囲から見えないように工夫がされています。
ですから、コンプレックスを抱くことなくスムーズに歯並びを改善できます。
また、付け外しができますので口の中の衛生環境を保ちながら効率的に状態を改善可能です。
大人であっても周囲の目を気にすることなく治療ができますので、とても人気の高い方法です。

顎の骨の成長が見られる6歳前後の子どものころからの歯列矯正が大事!

歯列矯正をすることで、歯並びを綺麗にすることができますが、子どもの段階でやる場合は顎の骨の成長が見られる6歳前後に開始するとスムーズに綺麗な歯並びを手に入れることが可能です。
子どもの段階で歯列矯正をすることで、早い段階で綺麗な歯並びになることができますから、見た目が綺麗になるだけでなく歯磨きがしやすくなるメリットもあります。
歯磨きがしやすくなることで、食べ物が口の中で残るリスクが減りますから、虫歯のリスクが軽減されます。
虫歯のリスクが軽減されることで、大人になっても綺麗な歯を残せる可能性が高くなりますし、歯垢や歯石が蓄積しにくい状態になるので、将来的に歯周病になるリスクも減らすことが可能です。
小さいときは顎の骨が成長をしていくので、子供の歯列矯正を専門的に任せられる歯医者を探すのが大切になります。
小児矯正が用意されている歯医者も多く存在しますから、実際に歯列矯正をお願いするのは難しくないです。

歯列矯正に関する情報サイト
歯列矯正の基本

当サイトではきれいな歯並びにあこがれている人に最適な、基本情報を紹介しています。
子供が治療をしたほうがいい方法をはじめとして、大人に最適な歯列矯正の方法についてや、基本的にどんな部分に注意して医療機関を選択したらいいのかなどを確認できるのがポイントです。
歯の状態や希望している方法ごとに料金や治療期間が異なるなど、基本的な部分を理解しているとストレスフリーで治療をすることができるため、とても快適といえます。

新着情報
    2022/3/15

    歯列矯正には見た目以外にも健康にまつわるメリットが一杯!

    2022/3/15

    歯列矯正は装置の見た目の悪さや発音障害がみられるのがデメリット

    2022/3/15

    大人になってからでも遅くない!社会人でもできる歯列矯正の実態

    2022/3/15

    顎の骨の成長が見られる6歳前後の子どものころからの歯列矯正が大事!